山海青汁で健康維持に努めましょう!

2011年01月14日

山海青汁の成分

青汁と聞くとまずい緑の液体のというイメージが強いものですが、
山海青汁はほんのりレモン味で
おいしく飲むことができる青汁
です。


また、山海青汁の人気の秘密は、
配合されている成分です。


山海青汁に配合されている成分は、
他の業者が販売している青汁の原料にも使われている
ゴーヤやケール、大麦若葉などです。


ゴーヤ
沖縄料理によく使われているウリ科の植物で、苦味がありますが、
ビタミンCなどの水に溶けやすいビタミンを多く含んでいる上、
胃の状態などを整える効果があるといわれています。


また、ケールはアブラナ科の野菜で
ビタミンはもちろん、栄養成分を多く含んでいるため、
一般的な青汁の原料にもよく使われています。


さらに、大麦若葉はイネ科の植物で、
ビタミンはもちろん、ミネラルなどの栄養成分が含まれています


これらの成分に加え、
イネ科の一種である燕麦の若葉や菊芋が配合されています。


燕麦若葉には、タンパク質や食物繊維、
ミネラルが豊富に含まれていますし、
キク科の一種の菊芋には
ポリフェノールやビタミン、ミネラルなどの
栄養成分が含まれています。



山海青汁の成分はこれだけでなく、
サメから抽出したコンドロイチン、昆布の粉末、しじみエキスなどの
海の成分も配合された青汁ですので、
健康を維持したい場合はもちろん、
お肌の乾燥を防ぎ、美肌を保ちたい場合や
便秘を解消したい、
免疫をアップさせたい方にもぴったりの青汁です。


しかも天然の成分を
きちんとした管理の下、国内で生産していますので、
安心して安全に飲むことができるといえるでしょう。




posted by 山海青汁ナビゲーター at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 山海青汁 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。